ラマナ関連情報フォーラム

6597
管理人だけでなく、読者の皆様からの情報提供をお待ちしております。 ラマナ関連の有意義な情報を逐次的・集約的に共有することを目的としたコーナーです。 こちらのガイダンスを必ずご覧になってから投稿してくださいね

奉祝!牝牛ラクシュミー命日 - シリウス・マハナンダ URL

2014/07/09 (Wed) 14:56:49

さて、熱心なラマナ信奉者にはすっかりお馴染みの、「牛だけどディヴォティ、牛だけど聖者」である牝牛ラクシュミーですが、タミル暦計算では2014年は本日7月9日が彼女の命日(西暦では6月18日)です。


牝牛ラクシュミーはラマナと特別に親しかった牛(彼が牛と一緒に写っている写真は殆どこのラクシュミー)であり、当時のアシュラムの人達には、バガヴァンがアルナーチャラに来てまだ早い頃に、熱心に彼に帰依しあれこれと食事のお世話などをしていたあるお婆さんの生まれ変わりなのだ・・・と信じられていたそうです(ただしバガヴァンはこれについては否定も肯定もしていない)。


ラマナ・マハルシはその生涯でたった2度だけ、自らの手で相手を「解脱」させた・・・と言われており、一人は母堂そしてもう一人?がラクシュミーです。

彼女は手厚く葬られ、立派なサマディが作られました↓

http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/ramanasramam-holder/photo-holder/lakshmi-samadei.htm

その墓碑銘はバガヴァン自身の考案されたものです。

「サルヴァダーリ年のアニ月の5日、金曜日、ヴィサカー星座の下にある月が満ちていく第12日に、雌牛ラクシュミは解脱した」

(柳田 侃 翻訳 「ラマナ・マハルシの言葉」より引用)


現在ラマナ・アシュラムではバガヴァンと縁があり、アシュラムで亡くなった高名な信奉者(敷地内にお墓がある)の命日には墓前でプージャを行っていますが、もちろんラクシュミーも然り・・・「正式な公式行事」ではないようですが、アシュラム発行のカレンダーなどには毎年「Cow Lakshmi Day」が記載されています。

Re: 奉祝!牝牛ラクシュミー命日 - シリウス・マハナンダ

2015/06/27 (Sat) 21:51:32

さてさて、タミル暦計算による2015年のラクシュミー・デーは6月28日です!!

Re: 奉祝!牝牛ラクシュミー命日 - シリウス・マハナンダ

2016/06/17 (Fri) 13:25:10

2016年のラクシュミー・デーは本日6月17日です。

Re: 奉祝!牝牛ラクシュミー命日 - シリウス・マハナンダ

2017/07/05 (Wed) 14:03:25

2017年のラクシュミー・デーは本日7月5日です。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.