ラマナ関連情報フォーラム

7419
管理人だけでなく、読者の皆様からの情報提供をお待ちしております。 ラマナ関連の有意義な情報を逐次的・集約的に共有することを目的としたコーナーです。 こちらのガイダンスを必ずご覧になってから投稿してくださいね

奉祝!マザー(ラマナ母堂)命日法要 - シリウス・マハナンダ

2015/06/10 (Wed) 15:33:22

ラマナ・アシュラムでの公式行事の中で最も古くから行われているものとして、バガヴァンのお母さんの命日法要があります。

母堂が入滅したのは(直前にバガヴァンにより直接解脱させられたので母堂は聖者として扱われています・・・これは牝牛ラクシュミーも同じです)、西暦では1922年5月19日ですが例によってタミル暦計算での挙行の為毎年日付が異なり、2015年は6月10日です。

当時はスカンダ・アシュラムに集まって住んでいたのですが、「アルナーチャラ山には遺体を葬ってはならない」というしきたりがあり、母堂の遺体をどうするのか?が問題になり、結局パリ・ティルタム(沐浴場)のそばのこの地(当時はただの空き地)に葬り、サマディが作られました。

同年12月以降バガヴァンはこちらに留まられてしまったので、結局全員がこちらに移動してきました・・・・これが現在のラマナ・アシュラムの始まりといえます。

「沈黙の聖者―ラマナ・マハリシ-その生涯と教え」↓

http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/information/tinmkunoseijya.htm

の150ページにごく初期の頃のアシュラムの写真がありますが、そこに写っている質素な建物が母堂のサマディを収めたお社
(Shrine)です.


現在の写真はこちら↓

http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/ramanasramam-holder/photo-holder/m-samadei.htm

この母堂のサマディは、やはりどことなく「女性的」な穏やかな波動が感じられます・・・時々にゃんこが住み着いたりします(笑)

Re: 奉祝!マザー(ラマナ母堂)命日法要 - シリウス・マハナンダ

2017/05/20 (Sat) 15:05:20

さて今年2017年は本日5月20日がタミル暦命日です。

今年は現地は「渇水状態」となっているだけにかなり暑いことでしょうね・・・・。

ただしアシュラムが「ゲスト受け入れ制限」をしているので、訪問客は少なく各ホールとも「がらがらな状態」ではあるそうですが。


母堂の亡骸を埋葬した「マザーシュライン」から、現在のラマナアシュラムの歴史が始まる・・・後5年で100周年!!

Re: 奉祝!マザー(ラマナ母堂)命日法要 - シリウス・マハナンダ

2016/05/30 (Mon) 17:08:57

さて今年の「母堂命日」は本日30日。昨年以上にインドの熱波の凄さがニュースになりましたね。

母堂にしろラマナにしろ命日は「酷暑季」・・・やはり身体的にその「暑さ」を乗り切れなかった、ということでもあるのでしょう。

法要のプージャに参加したことがありますが、冷房のないホールにぎっしりと参列者が座っての儀式・・・かなりハードでした。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.