ラマナ関連情報フォーラム

48279
管理人だけでなく、読者の皆様からの情報提供をお待ちしております。 ラマナ関連の有意義な情報を逐次的・集約的に共有することを目的としたコーナーです。 こちらのガイダンスを必ずご覧になってから投稿してくださいね

「熱く語る~ラマナ=アルナーチャラへの信愛 - シリウス・マハナンダ

2020/03/20 (Fri) 10:56:05

このたび「臨在サイト」に、新たに「熱く語る~アマナ=アルナーチャラへの信愛」を創設しました。

これは「ラマナ=アルナーチャラの比類なき臨在と恩寵」について、これまでの文章表現だけでなく、「ラマナ・ミーティング」でやっているような「熱烈たる語り」を臨在サイト上でも展開しようではないか!!

・・・というプロジェクトですが単体でのコーナーではなく、かねてより視野にいれたまま未着手状態だった「バクティと信奉心」コーナーのメインコンテンツとして編入する・・こととしまして、

今回はその「予告編」であり、本編は「バクティと信奉心」コーナーそれ自体共々、来月20日の「第70回ラマナ涅槃会」に合わせて制作・公開の予定です。

http://onbsras.sakura.ne.jp/hottalk-pre.html

Re: 「熱く語る~ラマナ=アルナーチャラへの信愛 - シリウス・マハナンダ URL

2020/06/20 (Sat) 11:23:40

6月18日は「牛だけど聖者さん」である牝牛ラクシュミーの西暦御命日となります(タミル暦では今年は7月2日)。

この善き日に合わせまして、臨在サイトの「熱く語る~ラマナ=アルナーチャラへの信愛」コーナーに第3回を掲載しました。

http://onbsras.sakura.ne.jp/ONBSRAS/hottalk03.html


前半のトークではこのラクシュミーやアシュラムの牧場、朝一番の儀式である「ミルク・オファーリング」を紹介するとともに、「バクティという見地から見たラクシュミーという存在の意味を、「大死一番、絶後に再蘇」という禅語をキーワードにして語りました。

後編ではその「大死一番、絶後に再蘇」をテーマとして、第2回のトークに引き続き「不安と恐怖」について、サイト管理人の「死にかかった事件」2つを引き合いにして語りました。


次回は7月は休みとしまして、8月の柳田侃先生(日本ラマナ協会会長・甲南大学名誉教授)誕生日(20日)&ご命日(16日)に合わせまして、先生の生涯と功績そしてギリプラダクシナについて語る予定。

Re: 「熱く語る~ラマナ=アルナーチャラへの信愛」 - シリウス・マハナンダ

2020/05/19 (Tue) 13:29:13

「熱く語る~アマナ=アルナーチャラへの信愛」第2回を掲載公開しました!

今回のトークは、

1・マザー入滅が契機となったラマナアシュラムの創建から始めて、ラマナアシュラムの大変ユニークな特徴の紹介。

2・「ラマナ・バクタ」の信仰のあり方とはどんなものか?~宗教における「救済」とは?

3・ラマナの安心立命の境地~我々にもそれが実現できるのか?

・・・といういささか大仰な内容でして、これも予想以上の合計50分弱となる長広舌となってしまい(笑)、便宜上3部構成としました。

http://onbsras.sakura.ne.jp/ONBSRAS/hottalk02.html


Re: 「熱く語る~ラマナ=アルナーチャラへの信愛」プロジェクト - シリウス・マハナンダ

2020/04/20 (Mon) 11:48:19

本日の「第70回ラマナ涅槃会」に合わせて、

「熱く語る」プロジェクトの「第1回」を掲載・公開しましたので是非ご覧ください。↓

http://onbsras.sakura.ne.jp/ONBSRAS/hottalk01.html

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.